胃カメラを経験した旦那

会社の健康診断で初めて胃カメラを受けなければいけないと少し不安そうにしていた旦那が痛いのかなとつぶやいていました。家族誰も受けた事がなかったので、わからなかったのですが、いつかは受けないといけないから頑張ってと子供達からも励まされていました。そして、その後胃カメラを受けた旦那が家に帰ってきたので感想を聞いていると、思ったより痛く無く、それよりも異常がないと言われたので、安心したのもあり、受けてよかったとニコニコしていました。後日自分も受けてみたのですが、同じく異常がないと言われて、ホッとしました。それからは医者にすすめられたのもあり一年に一回は受けようと思って、何かあっても困らない様にと保険にも入りました。健診に行く事によって、自分では気付かない色々な事がわかるので、健診が嫌いな人も定期的に受けた方がいいなと思えました。

胃カメラを初体験して

予約すると、前日は夜9時以降からは食事をしないように担当医に指示されて、検査を受けるのだなあと実感したことを覚えています。診察台に寝かされ、口の中をスコープ(カメラ)が通るのがわかり、突っかかった際は苦しくて咳ごみましたが、画面には普段見ることが出来ない自分の胃の中が映しだされて、悪いところが一目瞭然なので、受けてよかったなあと思っています。スコープはどんどん奥の中へ入って来て、画面にも自分の奥が映されて、こうなっていたのかと新鮮に感じられ、また初体験だけに驚くことも多かったです。最終的には軽い胸やけをしているだけでしたが、食生活を改善するきっかけになり、今では間食をあまりしないことと、夜遅くには食事をしないことを習慣づけるようになり、守るようにしています。これからも1、2年にいちどくらいは受けようかと思っています。

胃カメラは、二種類の検査があります。

胃カメラは二種類の方法があるかもしれないです。遠い昔は、バリウム検査しかなかったですし口の中から機械を入れていたかもしれないですし、一瞬むせることがありますがそれでもゲップを出さないように注意が必要になるかもしれないですし、耐えきるのが大変しんどい感じがするかもしれないです。喉から食道を通過していきますので大変かもしれないですが異常がないとすぐに終了することが出来ますし、苦痛を覚えるかもしれないです。現在は鼻から入れることが出来てバリウムも不要になっていますので、苦痛も少しだけ耐えれば成功するかもしれないです。同じように検査をしていますが値段も少しだけ安く出来るかもしれないです。その日に何も飲食していなければ当日でも出来るようになっていますし、楽しい毎日が送れるように頑張ることかもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*