胃カメラの検査から癌の早期発見が出来ます

日本人の死亡率で高いのが、ガンによる疾患です。そのガンの中でも胃癌による発病は、高くなっています。ですからストレスの多い現代社会では、胃の検査が必要になります。その為に一定年齢からは、年に一度のガン検診を行う事です。その方法は、カメラを使ったやり方です。それは医療用の為に性能が高く、癌細胞の発見に適しています。また検査の前に痛さを和らげる薬品使用を行うので、眠っている間に検査が終了する事も多いガン検査です。また初期の潰瘍等の発見にも活用が出来るガン検診でもあります。その為に気軽に受けられる検査です。また検査にはバリュームを飲む方法がありますが、胃カメラから行う方が楽に検査が出来ます。またこまかな臓器内部を検査出来る為に機能性の高い精密検査が可能です。そこから早期発見のガンが見つかる場合があります。それは、生存率にも関与する為に定期検査が望まれます。

胃カメラが楽になりました

以前は胃カメラは口より入れて検査をしていました。その検査が苦しくて検査をしない方が多くいらしゃいましたが、現在では口からではなく鼻から管を通して検査が出来るようになりました。その事により胃がんの検査をする方が増えて来ているようです。現在多くの癌にかかる方が増えて来ています。特に胃がんに関しては、早期発見であればなおる確率が高い病気です。健康診断などで今まで胃カメラの検査を受ける事をしなかった方々は是非検査内容が楽になりましたので、胃カメラでの検査をする事をお勧め致します。胃がんの発見は早期発見がとても大切な事です。それには、検査をしなければ発見が出来ません。なんでも検査はそう時間のかかるものではありませんので、早期発見のために検査を受けに行くようにして下さい。遅すぎて後悔をしないようにして下さい。

検査で胃カメラをしました

人間ドックに申込みをして、検査する事になりました。それまで人間ドックに行った事がなかったので、とても緊張して痛かったらいやだなと思ったりすると、とても不安になっていました。中でも胃カメラは初めての事だったので、ドキドキしていました。しかしお医者さんや看護師さんがとても優しく声かけてくれて、無理しなくていいですよ等言われたので、リラックスして受ける事が出来ました。そしてその時にポリープが見つかったみたいで、その場で取ってくれました。早期発見の為、とても小さかったみたいで、よかったです。それから何度か胃カメラを受けていますが、慣れてきたのもあり、苦しむ事もなく、受けています。よく痛いイメージがあるから受けたくないと言う人がいますが、異常を見つけてくれる物でもあるので、気になる事がなくても定期的に受ける事をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です