胃カメラで悪性腫瘍も簡単にチェック可能

胃カメラもどんどんと進化していて、今ではかなり小型化が果たされています。昔は飲み込むのも大変なほどに大きかったのですが、今では子供でも難なく飲み込むことのできるサイズにまで小型化されています。また、胃の中だけではなくて腸まで見ることのできる高性能カメラもあります。こういったタイプはカプセルになっていて、飲み込めば体の中のほとんどすべての部分をチェックすることができるわけです。こうしたカメラを使うことで、悪い腫瘍ができていないか目で確認することができます。出血のありなしも簡単に分かりますし、病気のチェックには欠かすことのできない存在になっています。昔はお腹を切って実際に見てみるまでは確証が持てなかった症状も、事前にわかるようになりました。症状に合わせて適切な手術方法を検討していけるので価値が高いです。

鼻から入れる胃カメラで不安を軽減しましょう

健康診断の胃のバリウム検査で、要精密検査診断をされた時、病気もとても心配ですが、胃カメラの検査も不安に思う方も多いです。胃カメラは鼻からのものですと比較的楽に受ける事ができます。その為、近年人気があります。メリットは、嘔吐感などの苦痛が軽減、検査中も会話ができること、麻酔の量が少ない為体に優しいこと、検査後に仕事も可能である、といった点が上げられます。デメリットとしては鼻の粘膜が傷つくまれに恐れがあること、画質が良くないことが上げられます。当日は食事は禁止、お水は2時間前まででしたら大丈夫です。締め付ける事のない楽な服装がお勧めです。検査後は鼻と喉に麻酔がかかっているため、すぐには飲食はできません。そして検査後に仕事も可能ですが、やはり精神的にも肉体的にも疲れるので、少し休むことがお勧めです。鼻からの胃カメラは実施している病院と実施していない病院があるので確認をしましょう。

初めての胃カメラ体験

数年前、胃痛が原因で病院を受診した時に、胃カメラを飲むことになりました。初めての体験だったので緊張と恐怖がありましたが、あれよあれよと言う間に進んでいきました。受診した病院は鼻から入れるタイプの胃カメラを使っていて、まずはベッドに横たわり、鼻に上戸のようなものを入れ、そこから麻酔薬を入れます。気持ち悪い感じはしましたが、時間が経つにつれてあまり感覚はなくなりました。そしていよいよ胃カメラを鼻から入れます。やはり気持ち悪い感覚がありますが一番辛いのは喉を通るときでした。まあまあな大きさの物が通るので少し苦しかったですがそこを乗り越えればそんなに辛くなかったです。今は胃がんの原因にもなりうるピロリ菌の検査や殺菌などもできるみたいなので、一度病院を受診してみてきちんと検査してもらうことが大事ですね。

他者との違いがはっきりとした温かいおもてなしの心で医療を提供し、世界最高水準の検査を取り入れています。 対象エリアは関東地方を中心としており、胃腸の病気に関する高い技術と上質な医療を提供している病院です。 当サイトでは1年365日予約受付システムでのサービスを行っております。 当院の診察及び予約受け付けは午前9時から午後19時、火曜日は午後14時まで、土日は午後16時までとなっております。 胃のカメラをするならたまプラーザへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です